車が無くても快適な暮らしを実現するアプリ・サービス4選

若い世代を中心に車を持たない人たちが増えてきました。筆者も20代で若者に分類される年齢ですが、当然のように車は持っていません。とはいえ、筆者の地元は田舎であり、そこに住む友人たちは車を持っています。まだまだ車の重要性は高いものです。

近年、東京に出てくる人が増えており、東京の人口が増えているとも言われています。東京都内は交通網が発達しているため、車の必要性はほとんど感じないでしょう。そこで、都市部に住む人たちが「車が無くても」快適な暮らしができるようになるアプリ・サービスをご紹介します。

これからはシェアの時代

多くの方がご存知の通り、これからはシェアの時代と言われています。所有をせず、一つのものを複数人で使いたいときに使うというスタイルが主流になりつつあります。実業家である堀江貴文氏もシェアで「車は買わなくても良い。シェアで十分だ。」と発言しているほどです。

モノのシェアはレンタルDVD/CDから始まり、最近では車のシェア、自転車のシェア、更にはキックボードのシェアなど多岐に渡ります。

家に居ながら通販・コンテンツを楽しめる

シェアの時代を支えているのはインターネットです。インターネットはこれまで物流を激変させ、映画や音楽などのコンテンツのデジタル化を実現させました。

インターネット通販

欲しいと思ったらすぐにAmazonや楽天市場を開いて検索して購入。クレジットカード決済で瞬時に支払いが終了し、あとは届くのを待つだけ。

デジタルコンテンツ

映画を観たいと思ったらNetflixを開き、検索して作品を観る。観終わったら他のキーワードで他の作品を観る。映画に飽きたらSpotifyで好きな音楽を聴く。

インターネットの力はもっとこれから。

このようにインターネットによってモノやサービスが大きく変わっていきました。お店に行かないと買えないものがほとんど無くなりました。むしろ、家から出ないでインターネット通販をした方が幅広いものが購入できるようになりました。

しかし、インターネットの力はこんなものではありません。今回は、暮らしをもっと良くする便利なアプリ・サービスをご紹介します。(Amazonや楽天市場などの知名度が高いものは除きます)

ネットスーパー

ネットスーパーとは、その名前の通りインターネット通販形式のスーパーマーケットのことです。これまで、Amazonや楽天市場などで衣服や電化製品等の商品を購入したことがあるかと思います。では、「生鮮食品」はどうでしょうか?

今までに野菜・果物・お刺身・お惣菜をインターネットで購入したことはありますか?無い人がほとんどでしょう。実はもう10年以上、インターネットで生鮮食品が買える状態になっていたことをご存知だったでしょうか?

イオン、楽天西友ネットスーパー、KINOKUNIYA、ダイエー、イトーヨーカドー、Amazon freshなど、大企業たちも既に参入済みです。地域によって対応・非対応がありますので、まずは下記であなたのエリアに対応しているか検索してみると良いでしょう。

あなたが住んでいるエリアの
ネットスーパーを探す

ネットスーパーは対応エリアを限定しています。あなたの居住区が対応しているかをチェックしましょう。

郵便番号や住所からも検索できます

ネットスーパーの多くは300円~500円ほどの配達手数料がかかりますが、条件を満たすと送料無料になる店舗がほとんどです。重たい荷物を玄関先に持ってきてくれるので、500円の価値は十分にあります。車を持たない世帯には大量の生鮮食品を持ってきてくれるのは魅力的なこと間違いありません。

タイムズカーシェア

タイムズカーシェアは自動車のシェアサービスです。15分わずか220円で利用することができます。ちょっとしたお出かけにも便利です。

レンタルとの大きな違いは、借りる際の手続きが不要なことです。乗りたいと思って数分前に予約をしておけば、すぐに使うことができます。専用のカードを自動車にタッチして鍵がオープン。あとは自由に乗りまわって、借りたステーションに戻せば乗車終了。

かなり簡単に使えるし、借りたいときにすぐ使えるのが魅力的です。タイムズカーシェアのカードは持っておくと安心感があります。ペーパードライバー歴4年の筆者も持っており、常に携帯しています。笑

Uber eats

アメリカのユニコーン企業であるUber社が手掛けるフートデリバリーサービスです。言い換えてしまうと、出前サービスです。最近では日本でもかなりの人気があります。お客さんが注文をすると、配達員に通知が届き、配達員がお店で商品を受け取ってお家まで届けてくれます。

しかし、これだけでは人気が出る訳がありません。人気の秘訣は「対応店舗の多さ」にあります。行列のできるあのお店や、個人経営のあの小さなお店、誰もが知るファストフード店など、食べたい商品が見つからないことは無いと言っても過言では無いでしょう。また、キャンペーンを頻繁に行っているので、お店に行くよりも安く買えてしまう日もあります。

Uber eatsはお腹が減ったらアプリを開きましょう。食べたいお店の味が自宅でゆっくりと食べることができますよ。

AliExpress

AliExpressは中国のアリババグループが所有する通販サービスです。アリババと言えば、時価総額が世界7位に君臨する超巨大企業です。中国国内のインターネットを牛耳るアリババが世界へ向けて展開しているAliExpressは日本の脅威ともなることでしょう。

現在はまだ知名度が低く、まだまだ存在感を現していません。しかし、そう遠くない未来でAmazonに並ぶか、それ以上に人気の通販サービスとなる可能性があります。一番の理由が価格にあります。

驚きのお話を一つしましょう。AliExpressで販売されていた120円ほどの商品。これが送料無料で購入できてしまいます。発送地域は中国からです。利益はどうなっているのでしょうか…と言いたくなるほどです。そんなことが当たり前に行われている中国の通販サービスがAliExpressなのです。

価格が安いとは言え、中国製品は2000年初頭に言われていた粗悪品は少なくなりました。むしろ、低価格で妥協ラインを超えてくるような製品が多くなりました。低価格を好む日本人にはAliExpressは魅力的に感じることでしょう。インドア生活を快適にする良いアイテムが見つかるかもしれません。一度ご覧になって見てはいかがでしょうか?

まとめ:車が無くても欲しいものは手に入るし、むしろ安く快適な暮らしができる

ここまでの内容をまとめると下記のような形になります。

  • 家から出ないで生鮮食品を手に入れるなら「ネットスーパー」
  • 車を所持せず使いたいときに借りれる「タイムズカーシェア」
  • 家に居ながらお店の味を楽しみたいなら「Uber eats」
  • お店でも手に入らない商品を低価格で買うなら「AliExpress」

インターネットを使ったサービスは毎日誕生しています。あなたの生活を豊かにするアプリ・サービスが隠れてしますので、情報は積極的に取り入れ、生活の質を向上させていきましょう!

この記事をシェアしましょう!

ネットスーパーで生活を変える欲しいその日に生鮮食品が届きます!

近所のスーパーをネット通販できるのはご存知ですか?
多忙な毎日に生鮮食品はいかがですか?

育児や家事、お仕事で忙しい毎日。

外出できないけど
満足に生鮮食品を手に入れたい。

「ネットスーパー」は
そんなあなたにぴったりです。

あなたの地域で利用できる
ネットスーパーを探してみましょう